EAC英語教育・留学を全力サポート        
CAIRNS
ケアンズ
CAIRNS
ケアンズ

日本から一番近いオーストラリア

ケアンズはオーストラリアのグレート・バリア・リーフの玄関口で、
熱帯のクイーンズランド州北部にある都市です。
年間280日程度が晴れと言われており、自然も豊かで暖かい気候なので非常に留学には、
ぴったりの場所です。グレートバリアリーフには年中多くの日本人が訪れるため、
日本人向けの観光産業が盛んです又、
リゾート気分を味わいながら現地の生活を楽しめる人気の留学先です。

ケアンズはオーストラリアのグレート・バリア・リーフの玄関口で、熱帯のクイーンズランド州北部にある都市です。直行便の運航がほぼ毎日あり、片道約7時間半で渡航することができます。年間280日程度が晴れと言われており、自然も豊かで暖かい気候なので非常に留学には、ぴったりの場所です。グレートバリアリーフには年中多くの日本人が訪れるため、日本人向けの観光産業が盛んです又、リゾート気分を味わいながら現地の生活を楽しめる人気の留学先です。

オススメポイント
治安が良く、フレンドリー

ケアンズはのんびりとした小さな田舎町で、オーストラリア国内でも比較的治安が良いのが特徴です。ケアンズにはおおらかでフレンドリーな性格の人が多いのも魅力。英語が話せなくても、身振り手振りで何とか理解しようとしてくれる温かさがあります。

時差ボケが少なく、飛行時間が短い

日本とほぼ同じ経度に位置するオーストラリア・ケアンズ。時差はたったの1時間しかないため、海外旅行にありがちな辛い時差ボケがありません。成田空港や関西国際空港から直行便も就航しており、フライト時間が約7時間と短めなのも魅力です。

グレートバリアリーフがある街

世界遺産にも登録されているグレートバリアリーフは、世界最大級の珊瑚礁地帯で日本列島とほぼ同じ面積です。手付かずの自然が残る本当の楽園で天国レベルの美しさです。グレートバリアリーフに短に行ける留学先は、ここだけです。

大自然に囲まれている

ツアーに行かなくても、ケアンズは大自然で遊べるところがいっぱいあり、国立公園に料金はかかりません。いつでも好きな時に行って、散策でき、天然の岩の滑り台や、ウォーターホールなど、アウトドアが大好きな人にとっては天国です。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

ケアンズを訪れる人が多いのは冬(6 月~8 月)です。ダイビングの視界が良好なのは 4 月~10 月で、6 月~9 月頃はホエール ウォッチングが楽しめます。夏(12 月~2 月)は高温多湿になることがあり、11 月~4 月はモンスーンの影響で雨が多くなります。

年間イベント
1月 Australia Day
Australian Open Tennis
2月 Sustainable Living Festival
Lonsdale Street Festival
3月 Moomba Festival
Melbourne International Comedy Festival
4月 Melbourne International Comedy Festival
Anzac Day
5月 Next Wave Festival
Buddha's Day and Multicultural Festival
6月 Melbourne International Jazz Festival
Melbourne International Animation Festival
7月 Run Melbourne
8月 White Night Melbourne
Melbourne Writers Festival
Melbourne Day
9月 Melbourne Fringe Festival
Melbourne Fashion Week
10月 Melbourne Festival
11月 Melbourne Music Week
12月 Christmas Festival
New Year's Eve
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 31° / 24° 14 日
2月 31° / 24° 14 日
3月 30° / 23° 15 日
4月 29° / 22° 13 日
5月 27° / 20° 10 日
6月 26° / 18° 6 日
7月 26° / 17° 5 日
8月 26° / 17° 4 日
9月 28° / 19° 4 日
10月 29° / 21° 5 日
11月 31° / 22° 8 日
12月 31° / 23° 10 日

6月〜8月(冬)

熱帯性気候のため、冬でも暖かい日が続きます。乾期のため1年で最も雨が少なく、ほとんど降りません。服装は、半袖でも問題なく、分厚いコートはほとんど必要ありません。ただし、朝と晩は冷える日もありますので、羽織りものがあると安心です。

9月〜11月(春)

服装は、日中は半袖で過ごせる日も多いですが、9月頃はまだ気温が上がらない日も多く、長袖が必要な日もあります。11月に近づくにつれて気温も上がり、半袖やノースリーブで過ごせる日も増えてきます。ただし、11月頃から雨もよく降り始めます。そのため、雨具や折り畳み傘を持ち歩いていると安心でしょう。

12月〜2月(夏)

1年で最も暑い時期です。毎日30℃を超える日も多く、紫外線も強まります。12月から2月は雨期のため、1年で最も雨が降ります。夏は、蒸し暑さも感じやすくなるでしょう。夏の服装は半袖に半ズボンで問題ありません。紫外線が強いため日焼け止めは、「SPF/PA値:SPF50+、PA++++」がオススメです。サングラスや帽子必需品です。

3月〜5月(秋)

3月頃はまだ雨期ですが、徐々に減っていきます。5月頃から乾期に入り、空気が徐々に乾燥してきます。半袖で過ごせますが、5月頃には長袖を必要とする日もあるでしょう。温度調節のできる服を持ち歩いていると安心です。紫外線が強いため日焼け止め、サングラス、帽子必需品です。

現地での交通機関
空港情報・空港からのアクセス ケアンズの主要空港にはケアンズ国際空港(市内から約5km)がある。ケアンズ国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約15分、25~30オーストラリアドル)、バス(約20分、16オーストラリアドル)がある。
バス ケアンズ市内は歩いて回れるが、郊外の観光やビーチへはバスが便利。手を挙げてバスを停め、前方ドアから乗車し、運転手に行き先を告げ料金を支払う。チケットを貰えるので降りるまで失くさないように。目的のバス停が近づいたら車内にあるブザーを押して合図。本数はあまり多くなく、30分に1本程度
タクシー 流しのタクシーは無いのでタクシー乗り場から乗車するか、ホテルやレストランで呼んでもらう。料金はメーター制で夜間、週末は割増。ドアは手動で開閉。後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられているので忘れずに。
お金
通貨 オーストラリアドル[AUD]
レート 1オーストラリアドル[AUD] = 約74.892313円
物価 水(500ml) 約2オーストラリアドル (日本円 約150円)
チップ なし
基本的にチップの習慣はなし、ただし高級ホテルやレストランで特別なサービスを受けた場合はチップを渡すこともある。
レストラン:会計の10-15%程度。
ホテル:ポーターに2ドル前後、荷物が多ければ少し追加することも忘れずに。
タクシー:2ドル前後。
両替 日本国内での両替はあまりレートが良くない。オーストラリアでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に銀行のレートが一番良いと言われている。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :230ボルト、240ボルト
周波数:50ヘルツ
プラグ:Oタイプ
ネット・Wi-Fi メルボルンのWi-Fiの普及度は比較的高い。ファストフード店やカフェでは基本的に無料Wi-Fiが利用でき、市内の至る所にあるので街歩きの際に便利。また、大きいショッピングセンターやルボルンセントラル駅、フリンダース駅の2つの駅にも無料Wi-Fiがありシティの中心に位置しているので利用しやすい。市内の図書館でも無料Wi-Fiが利用でき、こちらは長時間滞在することも可能。初めてWi-Fiを利用する時は、簡単な設定が必要、必要事項を打ち込んでから利用。
治安・危険情報 観光客をターゲットにしたスリ、置き引き等の軽犯罪がたびたび発生するので荷物、貴重品やパスポート類から目を離さないことは忘れずに。夜間は中心部を離れると灯りも少なくなり恐喝、暴行等の危険に晒されるおそれがある。夜中はなるべく1人行動は避け、人通りの多い地域を通るのが望ましい。不安を感じたらタクシーを使うこと。
マナー・習慣 ・食事の際、麺やスープを音を立ててすすったり食器を持ち上げることは好ましくない。
・初対面の人に年齢や収入について聞くのは失礼な行為である。
・たまった鼻水をむやみにすすらない。かむことは皆気にしないので、ティッシュやハンカチを用いて一気にかんでしまおう。
買い物 2018年7月1日よりクイーンズランド州で、スーパーや小売店にて使い捨てのレジ袋(Single use plastic bags)の配付が廃止に。買い物に出かける際には、特にリユース可能なショッピングバッグ(エコバッグ)を持参するように。
たばこ レストラン、公共交通施設、その他室内施設での喫煙は禁止されている。指定の場所以外での喫煙は罰金の対象になるので要注意。
オススメの観光と遊び
グレートバリアリーフ

最も有名なスポットの一つが、珊瑚礁地帯であるグレートバリアリーフは、宇宙空間からも視認できるほど巨大で、世界最大規模を誇ります。一番人気のグリーン島では、海以外にもプールや海の生物が見れる小さな水族館、また迫力満点のワニ園などがあります。

フランクランド島

1日100人限定でしか入ることができない無人島で、まるでプライベートビーチで遊んでいるような感覚を味わえます。ツアーの価格は、他の島に比べると比較的高い値段設定ですが、プライベートビーチ感満載の無人島で過ごすせるなら、払う価値ありです。

キュランダ

世界最古の熱帯雨林有するキュランダ村。アクセスにはキュランダ鉄道とゴンドラに乗って鳥観図のように絶景を望めるスカイレールから好きな方を選べます。熱帯雨林だけではなく、オリジナルマーケットやケアンズ市内限定のお土産がズラリと並んでいます。

エスプラネード・ラグーンプール

海岸沿いにあるエスプラネード・ラグーンプールは無料で泳ぐことができ、観光客だけでなくケアンズ市民の憩いの場としても利用されています。無料で利用できるBBQ施設も設置されているので、ここだけで丸一日過ごすこともできます。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 毎年10月第1日曜日から翌年4月の第1日曜日まで日本の方が、1時間遅れています。
標準時間 日本の方が、2時間遅れています。
クイーンズランド州
州都 ブリスベン
人口 15万
日本人の多さ オーストラリアで、第1位
日本人人口は、約3,193人(人口の0.02175%)です。
総面積 1,687 km²
言語 オーストラリア英語
アクセスしやすい都市・国
ブリスベン
オーストラリアの都市

ブリスベンはクイーンズランド州の州都で、ブリスベン川沿いにある大都市で、クイーンズランド博物館や体験型の展示が楽しめる科学センターがあります。

ゴールドコースト
オーストラリアの都市

長い砂浜、サーフスポット、内陸運河で有名です。また、ドリーム ワールド、シーワールド、ウェット アンド ワイルドなどのテーマパークもあります。

ハミルトン島
オーストラリアの都市

ケアンズとブリスベンの中間に位置する。 ハミルトン島は世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれ、美しい珊瑚礁やビーチがあることで有名。

シドニー
オーストラリアの都市

シドニーはニュー サウスウェールズ州の州都で、オーストラリアの主要都市のひとつで、シドニー港に面する、ユニークなデザインのシドニー オペラハウスがシンボルです。

PRILCE LIST
1~3週間 99,800円~
4週間~ 234,000円~
12週間~ 528,500円~
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの