EAC英語教育・留学を全力サポート        
BIRMINGHAM
バーミンガム
BIRMINGHAM
バーミンガム

アートな建物が建ち並ぶ国内第二の都市

バーミンガムは、イングランドのウェスト ミッドランズ州の主要都市で、
イギリスで2番目に人口が多く、地元では首都ロンドンに次ぐ第2の大都市とされております。
バーミンガムは産業革命により発展した都市なので、その名残をかんじさせる歴史ある観光地もありますが、
博物館や無料で入れる美術館、そして芸術にも力が入っているので、アートを体感できる素敵な観光を楽しめる場所です。
工業地帯でしたが、商業施設開発や留学生の呼び込みに力を入れているので、ショッピングセンターから観光スポットや、
夜になると街中のいたるところにパブやクラブがあり、昼間はしっかりと勉強、休日や夜は、
友達とバーミンガムで夜を楽しめるとても人気の場所です。

バーミンガムは、イングランドのウェスト ミッドランズ州の主要都市で、イギリスで2番目に人口が多く、地元では首都ロンドンに次ぐ第2の大都市とされております。バーミンガムは産業革命により発展した都市なので、その名残をかんじさせる歴史ある観光地もありますが、博物館や無料で入れる美術館、そして芸術にも力が入っているので、アートを体感できる素敵な観光を楽しめる場所です。工業地帯でしたが、商業施設開発や留学生の呼び込みに力を入れているので、ショッピングセンターから観光スポットや、夜になると街中のいたるところにパブやクラブがあり、昼間はしっかりと勉強、休日や夜は、友達とバーミンガムで夜を楽しめるとても人気の場所です。

オススメポイント
歴史が学べる

産業革命で大きな発展をとげたバーミンガムには、当時の名残を感じられる歴史的建造物が多く存在します残されています。18世紀頃のイギリスにタイムスリップできる歴史的建造物から、19世紀頃産業革命によって急増した労働者のための共同住宅は、貴重な建造物です。

昼も夜も遊びでいっぱい!

バーミンガムは産業革命を支えた工業地帯でしたが、現在はそのなりをひそめ、商業施設開発や留学生の呼び込みに力を入れています。160以上もの店が立ち並ぶショッピングセンター、映画のモデルになった場所や、夜になれば、街中にパブやクラブが現れ賑やかになります。

モダンな建築物が沢山

バーミンガムが歴史的建物が有名ですが、それ以上に目がつくのが建築賞を得るような素晴らしい建築物がたくさんあります。街を散歩しているとあらゆるところで、突如現れる奇妙な建物や、目を引くと美しい建物まで、自分のお気に入りの建築物探しができます。

素晴らしい学生都市

バーミンガムは素晴らしい学生都市です。様々なナイトライフで特別な体験や遊びに触れる事で、友達作りや、英語の成長を早める事ができます。又パーティ以外にも、あらゆる種類の音楽イベントやコメディ、演劇やロイヤルバレエ等の世界レベルの芸能が楽しめるのも魅力の一つです。

文化的に多様な街

イギリス国内でも最も文化的に多様な街の一つであるバーミンガムは、人口の30%を異なる文化や生活習慣を持つ人々が占めており、様々な文化が混在する多様性豊かな街になっています。街を出れば多様な人種や食べ物、舞踊、演劇や祝祭にも多様性が表れています。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

バーミンガムは、夏(6~8 月)は温和で、冬(11~3 月)は寒冷です。最も賑わうのは 3 月で、この時期にある有名な聖パトリックの祝日には、パレードを見に多くの人が押し寄せます。また 11~12 月も人気で、この時期はドイツ風の屋外マーケットが開かれ、さまざまな食べ物、おもちゃ、工芸品を売る露店が並びます。5 月には LGBT コミュニティを称えるバーミンガム プライドがあり、パレードが行われるほか、路上でお祭り騒ぎが繰り広げられます。

年間イベント
1月
2月 Birmingham Swing Festival
Chinese New Year
3月 St Patrick's Birmingham
Birmingham Wine Weekend
4月 Flatpack Festival
5月 Birmingham Pride
6月 Birmingham Rum Festival
Birmingham International Dance Festival
7月 Birmingham, Sandwell & Westside Jazz Festival
Supersonic Festival
8月 Moseley Folk & Arts Festival
9月 King’s Heath Street Festival
In:Site Festival
10月 Birmingham Weekender
Fierce Festival
11月 Birmingham Film Festival
Birmingham Frankfurt Christmas Market
12月 Birmingham Frankfurt Christmas Market
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 7° / 2° 12 日
2月 7° / 1° 9 日
3月 10° / 3° 11 日
4月 13° / 4° 10 日
5月 16° / 7° 9 日
6月 19° / 10° 9 日
7月 21° / 12° 8 日
8月 21° / 12° 9 日
9月 18° / 10° 9 日
10月 14° / 7° 11 日
11月 10° / 4° 11 日
12月 8° / 2° 11 日

12月〜2月

マフラーや手袋、ニット帽があると温かく、快適に過ごすことができます。ロンドンで雪が降ることは滅多にありませんが、しとしとと雨が降る日は増えてきます。雨によって冷えるので、寒さもしのげるよな温かいジャケットをきて出かけるのがおすすめです。雨にぬれても染みてこないような、レインブーツや防水素材のものも合わせて履いておきましょう。

3月〜5月

日本の春と比べると気温は低いです。特に朝晩はまだ冷え込む日が多くなります。昼間は長袖のシャツや薄い羽織モノを着て過ごす日もありますが、ジャケットやパーカーなど1枚上に着て寒さ対策をしておく必要があります。ピンヒールは避けたほうがいいかもしれません。ロンドンの道は、石畳やブロックを敷き詰めた道が多いので、できればスニーカーやかかとの低い靴を履くのが良いです。

6月〜8月

平均最高気温は23.2℃。平均最低気温が14.1℃夏でも長袖のシャツや薄いウインドブレーカーなどで温度調整できるようにしておくと便利です。比較的涼しい気候の夏なのでロンドンのお店や電車ではあまりエアコンが設備されていません。暑いからお店の中で一休みと思っても店の中も暑いこともあるので、タオルや扇子を持ち歩くと役立ちます。夏場の日差し対策に帽子やサングラスを着用するとお洒落にもなります。

9月〜11月

日本の秋と同じような気温。9月、10月、11月と日が落ちるのが早くなり最低気温が下がります。この時期からは本格的に冬の装いになっていきます。外を長時間歩くようなら、冬用のコートだったり、薄手のダウンを着ると外出時の寒さ対策ができるでしょう。雨の降る日も増えてくるので、折りたたみ傘や防水機能のあるフード付きのウインドブレーカーをカバンに入れておくと活躍してくれます。

現地での交通機関
空港情報・空港からのアクセス バーミンガムの主要空港にはバーミンガム空港(市内から約24km)がある。 バーミンガム空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30分、25~35ポンド)、電車(ニューストリート駅まで約15分、約3ポンド〜、運行本数が少なく夜はありません)、コーチ『大型バス』(バーミンガム市内まで約25分、約4.10ポンド、スマホアプリで事前予約が可能)、バス『市内循環』(バーミンガム市内まで約30分、乗車時現金払い約5ポンド、ほぼ1日中走っているバスもある)がある。
トラム 事前に乗車券を買う必要はありません。トラムに乗ってその場で待っていると係の人が徴収に来ますので、降りる駅、片道か往復かを伝えてお金を払います。現金、コンタクトレスのカード、Swift Pay As You Go(オイスターカードのウェストミッドランズ版)が使えます。6駅までが2.7ポンド、7~12駅までが3.3ポンド、13駅以上が4.2ポンドです。
バス 大人の片道料金は最大2.4ポンドです。1日2回以上乗る場合は4ポンド(平日朝9時半までは4.6ポンド)のday ticketが割安です。
お金
通貨 ポンド[GBP]
レート 1ポンド[GBP] = 約132.176209円
物価 水(500ml) 約1ポンド (日本円 約133円)
チップ 多少あり
チップの習慣はあるが、義務ではない。特別なサービスを受けた際やサービスに満足した場合は渡す。
レストラン:会計の10-15%程度、サービス料が含まれている場合はチップは不要。
ホテル:ルームサービスに対し1ポンド程度
タクシー:料金の10-15%
両替 日本からポンドを持参すると両替の必要がなく、手数料も安い。イギリスでの日本円からの両替は、郵便局、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に銀行と郵便局のレートが良いと言われているが、両替する銀行の口座を持っていない人は両替できない場合があるので注意。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :230ボルト、240ボルト
周波数:50ヘルツ
プラグ:BFタイプ
ネット・Wi-Fi Wi-Fiの普及度は非常に高く、無料のパブリックWiFiを開始し、住民、買い物客、観光客が外出先で無制限のデータサービスにアクセスできるようにしました。ビデオのストリーミングから、TwitterやInstagram、バス時刻表を検索したりすることまで、あらゆることができます。 街中の飲食店やスーパー、などは無料で使用できる場合が多く、初回登録時に名前やメールアドレスを入力する場合もあるが難しくない。ホテルでもインターネットを利用できるところが多いが、料金はホテルにより異なるので接続前に確認しておくとよい。また、客室で使用できなくても、フロントにパソコンが備え付けられていることが多い。
治安・危険情報 治安は安定しており観光客が事件に巻き込まれることは少ない。油断してスリや置き引き等の被害に遭わないためにも荷物、貴重品やパスポート類からは目を離さないよう心がけたい。駅、バスターミナル、観光スポット(大英博物館、バッキンガム宮殿正門前広場、キングクロス周辺など)での被害が集中している。 偽警官が職務質問を装って近づき、財布やパスポートを取り上げそのまま盗む事件がたびたび報告されている。警察官らしき人に持ち物の提示を求められてもみだりに渡さないこと。
マナー・習慣 ・挨拶やお礼を積極的に交す。店に出入りするときは何も買わなくても店員にあいさつする。ぶつかってしまった時もしっかり謝る。あいさつをしないと無礼な人と思われてしまう。
・食事のときは音をたてない。麺類やスープであろうとすすってしまうとマナー違反である。
・たまった鼻水をむやみにすすらない。かむことは皆気にしないので、ティッシュやハンカチを用いて一気にかんでしまおう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときは男性が扉を押さえ女性を先に通し、歩道では男性が車道側を歩き女性を車から守る。
・扉は次の人が通るまで開けたまま待つ。
・イギリスの人は行列を守る。横入りは確実に顰蹙を買うのでやめた方がいい。カウンターや窓口が複数ある場合もそれぞれの後ろで待機せずに1列に並び、空いたところへ順に進んでいく。
たばこ 屋内の公共施設は全面禁煙になっている。レストランは屋外の席ならば喫煙可。屋外でも駅構内に限り禁煙なので要注意。
トイレ 公衆トイレは有料のところが多い。使用料は30-50ペンス。ショッピングセンターやレストラン、ホテルの無料トイレでこまめに済ませておくといい。
ランドマーク
バーミンガム市立中央図書館

ヨーロッパ一最大の図書館は、2013年にできたばかりのバーミンガムの新しい観光地です。箱を積み上げたような形に4層の模様が重ねられている外観はとても個性的な図書館には、多くの観光客が訪れる観光地です。本を楽しむのも良し、内装を観光するのも良し!

バーミンガム・ヒッポドローム劇場

イギリスの中で一番公演数の多いステージで、バレエ・オペラ・その他エンターテイメントパフォーマンスを楽しむことのできる観光地です。バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の本拠地でもあり、100年以上の歴史がある世界でもトップクラスのステージでのパフォーマンスは圧巻です。

ガス・ストリート流域

バーミンガム中心地にある運河です。ウスター・バーミンガム運河とバーミンガム運河水路網が合わさる場所で、ナローボートと呼ばれる船などをみることができます。ヨーロッパならではの雰囲気のあるスポットで、運河のすぐ横を歩くことができ楽しい気分になります

ブルリング

大きな闘牛のオブジェが目印の大型ショッピングセンターです。ショッピングセンターには160軒ほどのショップが立ち並び、買い物を満喫することができるので、観光客もたくさん集まる場所でもあります。市内からアクセスも良いため、気軽に行ける楽しい場所です。

キャドバリー ワールド

イギリスのキャドバリー社のチョコレート工場です。バーミンガムの観光地の中でも多くの観光客が訪れる場所の一つで、映画「チャーリーとチョコレート工場」のモデルとなった場所と言われています。カラフルな内装で楽しみながら工場見学ができるエンターテイメントな場所です。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 毎年3月の最後の(日)の午前1時から10月の最後の(日)の午前2時まで日本の方が、8時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、9時間進むようになります。
イギリス
首都 ロンドン
バーミンガムの人口 108.6万
日本人の多さ 約24,004
総面積 267.8 km²
公用語 イギリス英語
アクセスしやすい都市・国
シュルーズベリー
イングランドの首都

1984年の映画『クリスマスキャロル』の舞台にもなった美しい町で、町の周囲が凸状にセバーン川に囲まれ、まるで天然の要塞。

ストーク・オン・トレント
イングランドの首都

ウェッジウッド、ミントンなどのイギリスを代表する陶磁器が誕生した、英国陶磁器産業の里で、英国ブランド食器を破格で買えるのが魅力です。

ノッティンガム
イングランドの首都

スポーツの大変盛んな町で、イギリス最古のパブもあります。人口の20%が20代半ばで、また人口の10%が学生と学生の町になっています。

レスター
イングランドの首都

フットボールとラグビーの人気チームや、超名門のレスター大学がある教育・学問の街です。イングランドで最も移民が多い所です。

PRILCE LIST
1~3週間 ¥74,000~
4週間~ ¥235,000~
12週間~ ¥542,000~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1GBY=134JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの