EAC英語教育・留学を全力サポート        
BRIGHTON
ブライトン
BRIGHTON
ブライトン

イギリス1ハッピー街

ブライトンは、イギリスのイングランド南東部に位置する都市で、イギリスでも有数のリゾート地。
年間をとおしてたくさんの観光客が訪れますが、ビーチがあるため夏季は特に人で賑わいます。
イギリスと言っても、カラフルな建物やロンドンとは違う独自のカルチャーがありそれが非常に面白い街で、
毎日どこかしらでバンドのライブだったりDJだったりパブでジャズだったりブライトンは「ザ・音楽の町」です。
性別も人種もベジタリアンもヴィーガンも何も関係なくお互いがお互いをリスペクトし合っているとても素敵な町です。
普段の勉強や仕事をおいて、第一にバカンスや遊び第二に語学勉強にはもってこいの留学先です。

ブライトンは、イギリスのイングランド南東部に位置する都市で、イギリスでも有数のリゾート地。年間をとおしてたくさんの観光客が訪れますが、ビーチがあるため夏季は特に人で賑わいます。イギリスと言っても、カラフルな建物やロンドンとは違う独自のカルチャーがありそれが非常に面白い街で、毎日どこかしらでバンドのライブだったりDJだったりパブでジャズだったりブライトンは「ザ・音楽の町」です。性別も人種もベジタリアンもヴィーガンも何も関係なくお互いがお互いをリスペクトし合っているとても素敵な町です。普段の勉強や仕事をおいて、第一にバカンスや遊び第二に語学勉強にはもってこいの留学先です。

オススメポイント
まるでカリフォルニア?

リゾート地で天気も良くイギリスというより、アメリカのカリフォルニアの様な感じでヨーロッパ感を感じません。又、人々は、のんびりしていて優しく人種差別なども一切全然なく平和な街で、イギリの他の街と比べても比較的治安もよく、留学先には安心の街です。

アクセスがいい!

電車に乗れば1時間ほどでロンドンまでチョチョイと遊びにいけるし、ガトウィック空港までは電車で30分、イギリス最大の空港であるヒースロー空港までは電車で2時間程度。国際フェリー、電車、バスなど交通機関が充実しているので日帰り旅行も簡単にできます。

ナイトライフが充実している

ブライトンにはパブやナイトクラブがたくさんあって、夜になると街はパーリーピーポーだらけ!パブではバンドの生演奏を聴けたりしてとっても素敵な雰囲気。昼間は、静かな街も夜には変わり、昼間はしっかり勉強、夜は夜でナイトライフをなしメルのも魅力の一つです。

色々な国の味を楽しめる

移民が人口の20%以上を占めるブライトンでは、色々な国のレストランやお店がたくさん立ち並んでいます。インド料理、ロシア料理、クルド料理なんでもあります!グルメな人にはもってこいの場所で、是非、自分のお気に入りのレストランを見つけてください。

ビーチリゾート

ブライトンの最大の魅力は何といっても美しいビーチです。海辺は風が強く、寒いので、泳いでいる人は、滅多に見かけませんが、日光浴や広い海を眺めながら、友だとお酒飲んで語りあったり、シーサイドには、海の家もあり、休日の憩いの場所となっています。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

年間イベント
1月
2月
3月
4月
5月 Brighton Festival
6月 DOOMSDAY FEST
7月 The Luna Beach Cinema
Chilled in a Field
8月 Magic of Thailand Festival
We Love Brighton!
Summer Garden Fundraiser
Brighton Pride
Coffee Festival
9月 Fiery Foods Festival
Summertime Live
Soultown Festival
10月 Chocolate Festival
Halloween Zombie Glitterfest
11月 Brighton Lions Fireworks
12月
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 7° / 3° 12 日
2月 6° / 3° 9 日
3月 8° / 5° 9 日
4月 11° / 6° 7 日
5月 14° / 10° 8 日
6月 17° / 13° 7 日
7月 20° / 15° 6 日
8月 20° / 15° 7 日
9月 17° / 12° 8 日
10月 14° / 10° 10 日
11月 11° / 7° 11 日
12月 8° / 5° 11 日

12月〜2月

冬になれば日も短くなり寒さも厳しくなってきます。15時ころには暗くなりはじめ、より一層空気の冷たさを感じるようになるでしょう。冷えないように、温かいインナーもきてしっかり防寒しておくと安心です。手袋やニット帽を身に着けたり、ホッカイロを持参しておいたりすると暖かくすごすことができます。冷えることはあっても雪は滅多に降ることはありません。また、秋と比べて降水量も減っていきます。冬の雨は冷えるので、雨をしのぐ防水性の高いアウターや防風機能のある温かいジャケットをきて出かけるのがおすすめです。足元も雨にぬれても染みてこないような、レインブーツや防水素材のブーツやシューズも履いておきましょう。

3月〜5月

春のはじめ3月ごろは、日本と比べて低い気温です。特に冷えると5℃前後のこともあります。なので、この時期でもしっかりした寒さ対策が必要です。冬用のジャケットやパーカーなどで体温を調整できるようにして寒さ対策をしておきましょう。日によっては、厚手のダウンやコートが必要になるくらい寒くなります。ブライトンのこの時期でも冬服のアウターを着用できるように準備しておくと良いです。4月の終わり頃〜5月にかけて暖かくなり始めます。ビーチを散策して、海の見えるレストランや屋台で食事をとるような過ごし方をするのにぴったりの時期です。

6月〜8月

夏の日差しが照りつけるような暑さでなく、20℃前後の過ごしやすい気温が続くブライトンですが、朝晩や日陰は肌寒く感じることもあるので、夏でも長袖のパーカーやウインドブレーカー、薄手のジャケットなどで温度調整できるようにしておくと安心です。

9月〜11月

ロンドンなどの内陸の都市より南に位置しているため少し温暖な気候です。日本の秋よりも平均気温は落ちますが、日本の秋の装いと同じで大丈夫でしょう。秋が深まるほど、9月、10月、11月と日が落ちるのも早くなります。リゾート地と言っても秋になれば冷えてくるのでしっかりした寒さ再作画必要になってきます。朝晩が冷え込むような日には、厚手のダウンやセーター、手袋など、冬の装いが必要になってきます。外出時は、寒さ対策をしっかり整えてお出かけしたほうが良いです。秋は雨が多く降る時期です。折りたたみ傘をカバンに入れておいたり、防水機能のあるフード付きのウインドブレーカーを着ていると活躍してくれます。

日本からロンドンまで往路便
ヒースロー空港からブライトン市内
バス(ナショナル・エクスプレス) バスを利用してロンドン・ヒースロー空港(ターミナル1・2・3)からブライトンまで2時間〜2時間30分ほどです。バスのチケットはターミナル出口付近の自動発券機で購入することができます。日本と違ってバスが時間通り来ないこともよくありますので、移動にかかる所要時間も多少ながくなることもあるかもしれません。 所要時間:2時間〜2時間30分ほど 片道料金:約2250〜4200円(15〜28ポンド)
現地での交通機関
バス 便利な交通手段で、約10分の間隔で運行しています。運行のスケジュールが時刻表通りで、車内が清潔です。バスに乗車するときは、チケットを購入、またはThe Key Cardなどのカードを使います。一回券(2.60ポンド)、一日チケット(4.50ポンド)28日チケット(77ポンド)などがあります。
電車 ブライトンからロンドン市内にアクセスする際によく利用されています。駅構内にはチケットが購入できるオフィスや券売機が設けられているため、乗車する間際に乗車券を入手することも可能です。オンラインで購入も可能です。ブライトン駅からロンドン市内(片道:18.60ポンド)バスや路面電車のトラムにも乗車できるAnytime Day Travelcard(50.90ポンド)です。
タクシー 市内の移動などに利用できる近距離専門のサービスや、空港と市内の送迎サービスなどのさまざまメニューを用意しています。公式サイトから予約フォームで、事前手配も可能です。1km当たりの乗車運賃(約2ポンド)運賃の10〜15%程度のチップを運転手に渡すのがマナーになっています。
お金
通貨 ポンド[GBP]
レート 1ポンド[GBP] = 約132.176209円
物価 水(500ml) 約1ポンド (日本円 約133円)
チップ 多少あり
チップの習慣はあるが、義務ではない。特別なサービスを受けた際やサービスに満足した場合は渡す。
レストラン:会計の10-15%程度、サービス料が含まれている場合はチップは不要。
ホテル:ルームサービスに対し1ポンド程度
タクシー:料金の10-15%
両替 日本からポンドを持参すると両替の必要がなく、手数料も安い。イギリスでの日本円からの両替は、郵便局、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に銀行と郵便局のレートが良いと言われているが、両替する銀行の口座を持っていない人は両替できない場合があるので注意。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :230ボルト、240ボルト
周波数:50ヘルツ
プラグ:BFタイプ
ネット・Wi-Fi ブライトンは、リゾート地だけあり無料WiFiが普及しています。ビーチ、カフェ、ショッピング街などの観光地でも動画、容量の大きいファイルのダウンロード以外であればストレスなく使うことができます。ほとんどのバスにFree Wi-Fiが完備されているので、困ることはないでしょう。
治安・危険情報 ブライトンはイギリスのなかで、治安がいい街だといわれていますがリゾート地の為、旅行客や留学生を狙ったスリ、窃盗、車上荒らし、空き巣が心配されます。又、パーティーピープルが多い街なので、夜間は、お酒に関するトラブルも多く、パブやナイトクラブではちょっとした口論が暴行事件に発展することもあります。ノースレーヌ、レーンズ、ブライトン・ピアについては観光地の為、観光客を狙った犯罪が多く。女性へのナンパもあるので危険もあるので、声をかけられても相手にしない、知らない人にはついていかないようにしましょう。『貴重品から目を離さない』、『人通りが多い場所を歩く』、『部屋を借りる時は治安の良い場所を選ぶ』、『トラブルに巻き込まれないようにする』この4つのポイントを心掛けて生活をしましょう。
マナー・習慣 ・挨拶やお礼を積極的に交す。店に出入りするときは何も買わなくても店員にあいさつする。ぶつかってしまった時もしっかり謝る。あいさつをしないと無礼な人と思われてしまう。
・食事のときは音をたてない。麺類やスープであろうとすすってしまうとマナー違反である。
・たまった鼻水をむやみにすすらない。かむことは皆気にしないので、ティッシュやハンカチを用いて一気にかんでしまおう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときは男性が扉を押さえ女性を先に通し、歩道では男性が車道側を歩き女性を車から守る。
・扉は次の人が通るまで開けたまま待つ。
・イギリスの人は行列を守る。横入りは確実に顰蹙を買うのでやめた方がいい。カウンターや窓口が複数ある場合もそれぞれの後ろで待機せずに1列に並び、空いたところへ順に進んでいく。
たばこ 屋内の公共施設は全面禁煙になっている。レストランは屋外の席ならば喫煙可。屋外でも駅構内に限り禁煙なので要注意。
トイレ 公衆トイレは有料のところが多い。使用料は30-50ペンス。ショッピングセンターやレストラン、ホテルの無料トイレでこまめに済ませておくといい。
ランドマーク
ブライトン・パレス・ピア

ブライトンで人気のアミューズメントパークで、1800年代に設置された桟橋は、船から人を乗降させるためのものから、アミューズメントプレイスに変わりました。夜は桟橋がキレイにライトアップされます。又、one directionの[you and i]のロケ地でもあります。

British Airways i360

こちらは2006年にブライトンでオープンした新名所です。全長162メートルの高さを誇る、可動式の展望台でブライトンを一望でき、最高200名まで収容することができます。飲み食いもすることができさらに、貸切にすることもでき、結婚式を挙げることも可能です。

ケンジントン・ガーデンズ

一番オシャレな通りといわれています。カフェやパブなどロンドンの文化を楽しめるお店が多く入っています。家々の壁にアートが描かれていたり、細い路地があったりして雰囲気を楽しめます。雑貨店、カフェ、パブ、土産物店、自然食品店などが集っています。

ロイヤル・パビリオン

国王のジョージ4世が40年の歳月をかけて建てた離宮です。外観がインド風になのに対して、内観は中国風なのが特徴的です。宴会場、大厨房、音楽の間、寝室などオリエンタル要素とヨーロッパ建築が融合した面白い造りとなっています。入場は無料なので、是非いきましょう。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 毎年3月の最後の(日)の午前1時から10月の最後の(日)の午前2時まで日本の方が、8時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、9時間進むようになります。
イギリス
首都 ロンドン
ブライトンの人口 22.97万
総面積 82.79 km²
公用語 イギリス英語
アクセスしやすい都市・国
チチェスター
イングランドの首都

古代ローマ期に遡る歴史があり、続くアングロ・サクソン期にも重要な都市で、英国教会の主教座が置かれており、大聖堂は12世紀に遡る歴史があります。

イーストボーン
イングランドの首都

ハリーポッターのロケ地としても有名で、有数のリゾート地として知られています。海岸線には灯台と小石の多い砂浜やビーチに沿ってプロムナードが続きます。

カンタベリー
イングランドの首都

イギリスで最古の大聖堂を筆頭に、3つの世界遺産を擁するイギリス南東部の街カンタベリーは。市街壁に囲まれ、魅力的な建築物やお店がたくさんあります。

ヘイスティングズ
イングランドの首都

ビーチリゾートや城跡の残る小高い丘の上から見下ろすかわいらしい町並みと英仏海峡があり、青い海とおいしいシーフードを求めて観光客が集まります。

PRILCE LIST
1~3週間 ¥74,000~
4週間~ ¥235,000~
12週間~ ¥542,000~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1GBY=134JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの