EAC英語教育・留学を全力サポート        
NEW YORK
ニューヨーク
NEW YORK
ニューヨーク

世界の最先端を体感できる都市

アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市で、ファッション、コスメ、グルメ、アート、
医療技術、エンターテイメントから経済までどこを取っても世界の最先端を体感できる都市です。
誰もが、人生で一度は、行ってみたい街で、その中で語学勉強できるので、とても留学生に人気の都市になっています。
語学勉強だけではなく、ニューヨークの街に影響を受ける事で、新しい何を発見する事もできるかもしれません。
観光名所や素敵な街並みも沢山ある魅力的な都市になっています。

アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市で、ファッション、コスメ、グルメ、アート、医療技術、エンターテイメントから経済までどこを取っても世界の最先端を体感できる都市です。誰もが、人生で一度は、行ってみたい街で、その中で語学勉強できるので、とても留学生に人気の都市になっています。語学勉強だけではなく、ニューヨークの街に影響を受ける事で、新しい何を発見する事もできるかもしれません。観光名所や素敵な街並みも沢山ある魅力的な都市になっています。

オススメポイント
エンタテインメントの街

ニューヨークと言えば、ブロードウェイです。マンハッタンにある通りの名前で、その周辺に劇場が集まり、世界的人気を誇るミュージカルが多く生まれました。

一年中イベントがある

旧正月の祝賀祭やセントパトリックデー、ハロウィン、サンクスギビングのパレードなど一年中さまざまなイベントがあります。

交通機関が充実

地下鉄、バスともに路線が比較的分かりやすいので、車を持たない旅行者や留学生の方にも便利です。地下鉄・バスは一律運賃で、一駅でも終点まで乗っても同料金です

各国へのアクセスが良い

世界各国の都市へと幅広くアクセス出来るニューヨークJFK空港では、その路線の多さからターミナルが8つもあり、これは成田空港の倍の規模だそうです。

場所によっては物価が安い

ニューヨーク=物価が高いイメージがありますが、場所によっては非常に安いところもあります。クイーンズでは、野菜等の値段がマンハッタンの半額以下で購入できます。

飽きない街並み

ニューヨークには歴史的な建造物や、有名建築家の最新の作品など、かなり多くの名建築が並んでいます。日本人建築家の作品などもあり、街を歩くだけでも飽きません。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

ニューヨーク市は通年の観光地で、全米オープンテニス(8 月~9 月)、メイシーズ感謝祭パレード(11 月)などの有名イベントが数多く開催されます。春と秋は温暖な気候で、舞台芸術が上演される主なシーズンです。夏の間は、無料の野外文化イベントも開催されます。夏の週末は、多くのニューヨーカーが街を離れるため、人気のあるレストランの予約を取るには恰好の時期です。12 月は、ロックフェラー センターのクリスマスツリー点灯式(11 月、12 月、日付は年によって変わる)、タイムズ スクエアの年越しパーティー(12 月 31 日)などが見所です。1 月~3 月は寒く、ブロードウェイの舞台の入場券が入手しやすくなります。

年間イベント
1月 レベンワース・アイスフェスティバル
2月 ニューヨーク・ファッションウィーク
3月 セント・パトリックス・デー・パレード
4月 イースターパレード
桜まつり
5月 ファイブ・ボロー・バイクツアー
6月 ヘリテージ・オブ・プライド
マーメイドパレード
7月 ブロードウェイ・イン・ブライアントパーク
メーシーズ・ファイアワークス
8月 サマーストリート
USオープンテニス・チャンピオンシップ
9月 レイバーデー・パレード
10月 オープン・ハウス・ニューヨーク
ビレッジ・ハロウィン・パレード
11月 ニューヨーク・シティー・マラソン
メーシーズ・サンクスギビングデー・パレード
12月 ニューイヤーズ・イブ・イン・タイムズスクエア
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 4° / -3° 8 日
2月 6° / -2° 7 日
3月 11° / 2° 8 日
4月 18° / 7° 8 日
5月 22° / 12° 9 日
6月 27° / 18° 8 日
7月 29° / 20° 8 日
8月 29° / 20° 7 日
9月 25° / 16° 7 日
10月 18° / 10° 6 日
11月 13° / 6° 7 日
12月 7° / 0° 8 日

12月〜2月

この時期は最高でも5℃前後までしか気温が上がらず、昼間でも氷点下を記録することがあり、一年の中で一番寒い時期です。セーターや冬用のコート、手袋・マフラー・帽子などの防寒対策は必要です。また12月中旬以降は積雪の可能性があるため、冬用のブーツやスニーカーを履くようにしましょう。

3月〜5月

ニューヨークの3月はまだ冬です。 日中の気温は10℃前後で、朝晩は0℃近くまで下がることもあります。 この時期はセーターと冬のコート、帽子・手袋・マフラーなどの防寒グッズが必要です。4月からは徐々に暖かくなり、昼間は15℃まで上がる日もありますが、朝晩は10℃を下回ることもあるので、厚手のジャケットは必須です。5月はポカポカ陽気が増えて、ぐっと暖かくなります。日中は20度を超えることが多くTシャツで過ごせる日もありますが、朝晩はまだ冷える時期なので、薄手のジャケットが必要です。 また、5月からは紫外線が強くなるので帽子や日焼け止めなどで日焼け対策をする必要があります。

6月〜8月

6月初めは、まだ春が残り降水量も比較的多いですが、それが過ぎると夏が始まります。日中の気温は25度以上になります。朝晩は15℃前後までさがるため、1枚上から羽織るものがあればいいでしょう。7月・8月は夏本番です。日中の最高気温は35℃近くまであがる日もあります。 Tシャツ短パンで十分です。 また、日焼け対策は必ずしましょう。

9月〜11月

9月からは気温が下がり、昼間は25℃前後です。中旬からは一気に気温が下がり、最高気温は20℃前後になるため肌寒く感じることがあります。この時期からはTシャツよりも長そでがおすすめです。10月に入ると、また気温が下がってきます。 朝晩の冷え込みは激しいため、セーターや厚手のジャケットが必要になります。 11月からは冬が始まります。 最高は15℃前後で朝晩は5℃まで下がることがあります。 朝晩を考えると、帽子・手袋・マフラーなどの防寒グッズを持参しておくと安心です。冬用のコートの着用も必要でしょう。

現地での交通機関
空港情報・空港からのアクセス ニューヨークの主要空港にはジョン・F・ケネディ国際空港(マンハッタンから南東約25km)と、ニューアーク・リバティ国際空港(ニュージャージー州)と、ラガーディア空港(マンハッタンから東北に約13km)がある。 ジョン・F・ケネディ国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約60分、68ドル)、スーパー・シャトル(約60分、20ドル~)がある。 ニューアーク国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約45~70分、50~70ドル)、スーパー・シャトル(約45~70分、21ドル~)がある。 ラガーディア空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30分、30ドル~)、スーパー・シャトル(約45~60分、16ドル~)がある。
タクシー 乗り場は少ないので流しのタクシーを拾うのが一般的。平日のラッシュアワーや夜間帯は割増料金。屋上灯がついていれば空車。日本のタクシーのように自動ドアではありません。行き先はできるだけシンプルに、マンハッタンは住所よりも通りの名前で言うほうが伝わりやす。
地下鉄 路線は沢山あり、観光にも便利。時刻表はなく、運行間隔はラッシュアワー時は5分おき。治安は日中はほぼ問題はありませんが油断は禁物。改札を出ない限り乗り換えも自由。ホームの行き先表示は、アップタウンと、ダウンタウン行きの2種類、同じホームに複数の路線の電車が入ってくることもあるので行き先表示の確認を忘れないように。
バス マンハッタンのバスは路線パターンがシンプルで分かり易い。路線はアルファベットと数字の組合せでバスの前方上部に表示されている。しかし、渋滞にはまりやすいので時間には余裕を持つこと。乗車は前のドアから、降車は前後のドア両方利用可能。運賃は一律で乗車時に現金(紙幣不可)またはメトロカードで支払う。下車するときは、窓側や降車ドア付近の黒または黄色のテープを押して合図をし緑のランプが点灯したら、手動でドアをあける。
お金
通貨 米ドル[USD]
レート 1米ドル[USD] = 約108.675円
※2019/07/28(日)現在
物価 水(500ml) 約1米ドル (日本円 約109円)
チップ アメリカではチップも収入の一部と考えられているので計算が煩わしくても必ず渡すこと。
■レストラン:会計の15-20%、サービスが悪くても最低10%は必要。高級レストランなら25%程度渡すこともある。
両替 日本から米ドルを持参すると両替の必要がなく、レートも良い。アメリカでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合があるので注意。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :120ボルト
周波数:60ヘルツ
プラグ:Aタイプ
ネット・Wi-Fi ニューヨークは無料Wi-Fiスポットが多く、Wi-Fiの普及度は非常に高い。空港のターミナルでも30分間無料Wi-Fiが利用できる。Wi-Fi表示がないお店もあり意外と見つかりにくいこともありますが、とりあえずスマートフォンをオンにして無料Wi-Fiを探すのもあり。チェーン展開しているカフェやファーストフード店は店舗数が多いうえ営業時間も長く、非常に便利。屋外でも、セントラルパークをはじめ市内のほとんどの公園で無料または30分限定でWi-Fiに接続できる。ホテルでも宿泊者に無料Wi-Fiを提供している場所が多い
治安・危険情報 アメリカ国内の他の都市に比べて治安は安定している。空港、飲食店、繁華街や人の多いエリアではスリやひったくりに十分注意しよう。 ハーレム、サウスブロンクス、マンハッタンの両端あたりは治安が悪く違法ドラッグの取引、強盗、発砲事件がたびたび発生する。夜間に1人で近づくのはやめておいた方がいい。 JFK国際空港で待機している白タクシーによるぼったくり被害報告も多い。彼らは空港職員のような格好をしているので見分けがつきにくい。慣れていない人は渡米前に空港到着後の移動手段を決めておき、事前に手配しよう。
あいさつ、マナー ・挨拶やお礼を積極的に交し合う文化がある。店に入るときやエレベーターではあいさつし、人とぶつかってしまった際は“Excuse me”や“Sorry”を忘れないように。言葉を交わさないと無礼な人と思われてしまう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときなどは積極的に道を譲ろう。歩道では男性が車道側を歩くようにし、女性を守る。
食事 ・食事の際、むやみに麺やスープを音を立ててすすったり食器を持ち上げることは好ましくない。
・シアトルのあるワシントン州では飲酒は21歳から。購入時には顔写真付きの身分証(ID)の提示が求められるが日本の免許証は西暦表示ではないのでパスポートを提示したほうがいい。
たばこ ニューヨークでの喫煙は21歳から。家、車の中などのプライベートな空間や喫煙所を除き公共の場は全面的に禁煙である(電子タバコも違反対象)。違反すると100ドルの罰金が科せられるので要注意。アメリカの人の喫煙者に対する視線は厳しい。喫煙所であっても周りの人への配慮をわすれないように。
トイレ 公衆トイレの数は少ないが、トイレを併設したカフェやファーストフード店が多いので困ることはない。トイレは防犯上店員から鍵を借りないと利用できないところもある。
ランドマーク
自由の女神

誰もが知っている、ニューヨークのバッテリーパークの沖に建つ象徴は、1984年に世界遺産となました。女神の王冠部分の展望台に登る事もできますが、事前予約が必要なのと、364段の螺旋階段を登らないといけません。自由の女神の台座内部は博物館になっています。

エンパイア・ステート・ビル

ニューヨークのランドマークのエンパイア・ステート・ビルディングには、毎年世界中から420万人もの観光客が訪れます。2018年8月より入り口が変更され、以前より広々したロビーがオープンしました。また、インスタ映えスポット色々あります。

ブルックリン・ブリッジ

マンハッタンとブルックリンをつなぐ有名なつり橋です。歩いて橋を渡るのに約30分かかりますが、風通しもよく青空と素晴らしい景色を楽しみながら気持ちよく散歩できます。。橋からは、ローアーマンハッタン、自由の女神、ブルックリンの街を見る事ができます。

メトロポリタン美術館

世界四大美術館の一つで、作品所蔵数は300万以上と言われ、そのうち10万点が展示されているので、数日かけて行くのがおすすめです。フェルメールの作品5つを展示されている他、ルノワール、ゴッホ、ピカソなど、人気の有名画家の作品もずらりと並んでいます。

タイムズスクエア

カウントダウンでよく目にする、タイムズスクエアは、夜は宝石のような美しい夜景が広がります。世界一有名な広告と言われる「ワン・タイムズ・スクエアビル」の巨大ビルボードやタイムズスクエア周辺のブロードウェイミュージカルには、是非足を運んでください。

アメリカ自然史博物館

映画ナイトミュージアムの舞台になった夜の博物館内を見学することができるアメリカ自然史博物館は、1869年に創設されたこの博物館は3200万点のコレクションとスペースがあります。世界最大の恐竜化石コレクション、ティラノサウルスやマンモスが展示されています。

ワン・ワールド・トレードセンター

アメリカ同時多発テロ事件で崩壊したワールドトレードセンター跡地(グラウンド・ゼロ)に建てられ、2014年11月3日に開業した。世界で6番目に高い建物で、西半球で最も高い建物です。100〜102階部分にある展望台となっており、天気が良ければ80キロ先まで見えます。

ニューヨーク近代美術館

建物は日本人建築家の谷口吉生氏のデザインしました。高さ33mの吹き抜けのアトリウム、階段など斬新な空間もアートで、絵画や彫刻、建築デザイン、写真、版画など約15万点の作品を所蔵します。ピカソ、マティス、ゴッホ、、セザンヌなどは必見です。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 3月の第2日曜から11月の第1日曜まで、日本の方が、13時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、14時間進むようになります。
ニューヨーク州
州都 オルバニー
人口 19,378,102人(東京都の1.5倍)
日本人の多さ ニューヨーク州は、全米第9位
日本人人口は、約37,780人(人口の0.19%)です。
総面積 54,555平方マイル(北海道の1.7倍)
言語 アメリカ英語
アクセスしやすい都市・国
ワシントンD.C.
アメリカの都市

メリーランド州とヴァージニア州に挟まれたポトマック川河畔に位置する小さめの都市です。国会議事堂、大統領官邸(ホワイトハウス)建物があります。

オーランド
アメリカの都市

フロリダ州中央部に位置する都市でウォルト ディズニー ワールド、ユニバーサル オーランドの他にも、レゴランドやアクアティカ・オーランドもあります。

マイアミ
アメリカの都市

マイアミはフロリダ半島南東の先端にある国際都市で、一年を通して温暖な気候と、エメラルドブルーに輝く海そして、世界中のセレブが集まるリゾート地。

フィラデルフィア
アメリカの都市

フィラデルフィアはペンシルベニア州最大の都市で、自由の鐘や、独立宣言と憲法の宣言が署名された独立記念館などが有名です。

トロント
カナダの都市

ラスベガスはネバダ州のモハーベ砂漠にあり、24 時間営業のカジノなどの娯楽施設を中心とする活気に満ちたナイトライフで有名なリゾート地です。

PRILCE LIST
1~3週間 ¥117,000~
4週間~ ¥307,000~
12週間~ ¥681,000~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1USD=109JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※宿泊代は最大8週間含まれています。その後の宿泊については別途ご相談ください。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの