EAC英語教育・留学を全力サポート        
MONTREAL
モントリオール

北米のパリ

モントリオールは、カナダ国内第2位を誇る経済規模を有しています。歴史的な建造物もたくさんあり、文化的にも栄えた都市です。
夏は、日本ほど湿度は高くなく、とても生活がしやすいです。6月に入るとイベントシーズンに入ります。
沢山のフェスティバルや野外音楽祭などの夏期イベントが開かれます。その為、お金を使わずに遊びができるのが、
ここモントリオールの魅力になります。ビルが立ち並ぶ都会な雰囲気もあれば、ヨーロッパの面影が多く残る街並みと両方を味わえます。
雪や寒さによって歩きにくいこともないため、まさに「北米のパリ」と言われている街並みを満喫できるでしょう。
物価も安く、パリの雰囲気で生活の中で、本格英語やフランス語を学べるとてもオススメの街です。

MONTREAL
モントリオール

北米のパリ

モントリオールは、カナダ国内第2位を誇る経済規模を有しています。歴史的な建造物もたくさんあり、文化的にも栄えた都市です。 夏は、日本ほど湿度は高くなく、とても生活がしやすいです。6月に入るとイベントシーズンに入ります。沢山のフェスティバルや野外音楽祭などの夏期イベントが開かれます。その為、お金を使わずに遊びができるのが、ここモントリオールの魅力になります。ビルが立ち並ぶ都会な雰囲気もあれば、ヨーロッパの面影が多く残る街並みと両方を味わえます。雪や寒さによって歩きにくいこともないため、まさに「北米のパリ」と言われている街並みを満喫できるでしょう。物価も安く、パリの雰囲気で生活の中で、本格英語やフランス語を学べるとてもオススメの街です。

オススメポイント
大都市で日本人が少ない

モントリオールはカナダのケベック州最大の都市で、経済的にもとても発展してる所です。しかし、まだまだ日本人の留学生は少なく、物価も安いので、短期集中で勉強したい方には、穴場スポットといえます。

案外物価の安いケベック州

ケベック州のは州税は約10%と他の州とくらべて比較的高いです。しかしながら、カナダの3大都市トロント、モントリオール、バンクーバーの中でも交通費や生活費が最も安いため、日常生活における物価は安いといえます。

ヨーロッパ文化と融合した街並み

モントリオールは北米のパリと呼応されるほど素晴らしい街並みを誇ります。語学では、英語とフランス語をどちらも学ぶことができるため、ヨーロッパ文化を味わいながら語学を学べるのは世界中でもここモントリオールだけ。

盛り沢山のフェスティバル

モントリオールでは、年中沢山のイベントがあります。その中でも6月から8月にかけてはビックなイベントが盛り沢山です。中でも国際ジャズフェスティバルがおすすめです。

充実した交通インフラ

一般的な交通手段はバスや電車ですが、他にもシェア自転車もあります。冬は、とても寒く各ビルに、地下街がありそれぞれが地下通路でつながっているのも日本にはない魅力の一つです。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

気候が穏やかな 5 月~8 月にかけてたくさんの人がモントリオールを訪れます。この時期は、国際ジャズ フェスティバル(6 月~7 月)や「Just for Laughs(フランス語では Juste pour rire)」(7 月)と呼ばれるコメディ フェスティバルなど主なイベントが開催されます。冬は寒く降雪がありますが、多くのアウトドア レジャーができ、モントリオール雪まつり(1 月、2 月)ではジャンドラポー公園がスノー チュービングやスケートなどのアクティビティをする人であふれます。

年間イベント
1月 Igloofest(ミュージック・フェス)
Fête des neiges(スノー・フェスティバル)
2月 Natrel Skating Rink(オールドポート・スケートリンク)
3月 セント・パトリックス・デー・パレード
4月
5月 Festival Mondial de la bière(ビアフェス)
La Fête du Croissant($1クロワッサン・デー)
6月 グランプリ・フェスティバル
サイエンス・フェスティバル
Montreal International Jazz Festival
花火大会
7月 サーカス・フェスティバル
サマー・フェスティバル
コメディ・フェスティバル
8月 Osheaga Music and Arts Festival
Matsuri Japon
ÎleSoniq(音楽フェス:EDM)
バルーン・フェス
9月 ガーデン・イルミネーション
Marathon Oasis de Montréal
10月 Montreal Zombie Walk
11月 Montreal Santa Claus Parade
CP Holiday Train
12月 クリスマス・パレード
オールドポート・スケートリンク
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 -4° / -12° 11 日
2月 -3° / -11° 10 日
3月 2° / -6° 11 日
4月 9° / 1° 10 日
5月 17° / 8° 10 日
6月 24° / 15° 10 日
7月 26° / 18° 10 日
8月 26° / 17° 9 日
9月 21° / 13° 9 日
10月 13° / 6° 10 日
11月 6° / 0° 10 日
12月 -1° / -8° 13 日

12月〜2月

12月から2月は、平均気温が氷点下となり、特に1月は平均最高気温が-5℃と大変寒さが厳しくなっていきます。服装としては、日本の防寒着では太刀打ちできない寒さとなりますので、インナーで重ね着をしっかりする他、現地の防寒対策がしっかりしたジャケット、帽子、手袋を用意することをおすすめします。

3月〜5月

3月までは平均気温が氷点下となり、真冬の格好がいいでしょう。4月の平均気温は7℃と日本の春と比べるととても低いですが、日によって気温差が激しいため、服装はコートやジャケットなど冬用のものをまだ準備しておくといいでしょう。5月は、日中は長袖シャツ1枚でも過ごせるほど暖かくなります。ただし日中の気温とは反して朝晩はまだ10℃前後まで冷え込むため、薄手のカーディガンやジャケット、コートなど羽織るものがあるといいでしょう。

6月〜8月

春よりもさらに暖かくなりますが、湿度気温共に日本の夏と比べて低いため快適に過ごせます。 ただ7月に入ると本格的な夏となり、日によっては気温が30℃に達することもあります。湿度も伴って高くなるため蒸し暑くなります。街を歩く場合は半袖のシャツ・タンクトップに短パンなどの薄手の服装に、日差し対策の帽子・サングラスなどがあるといいでしょう。 日中は暑くなりますが、朝晩は涼しくなり冷え込む日もあるため、薄手のカーディガン、ジャケットなど羽織るものがあると安心です。

9月〜11月

9月は日本と比べると寒く、ジャケットやコートなど上に羽織るものがあるといいでしょう。10月になるとさらに平均気温が10℃を下回り、日本の真冬の服装が必要になってきます。11月に入ると平均最高気温が5℃前後となり、本格的な冬の到来となります。

現地での交通機関
空港情報・空港からのアクセス モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港から市内まで、タクシーで、ダウンタウンまでは定額制で、約C$41です。747エクスプレスバスは、10~60分間隔で24時間運行しており、終点まで45~70分です。料金は、C$10。24時間以内であればSTMバスと地下鉄への乗り継ぎが可能です。チケットは到着階の券売機で購入する。乗車時に運転手に支払う場合はコインのみ使用可です。
バス 地下鉄からバスへの乗り換えなども、90分以内の乗り換えには追加料金が取られません。料金も統一されているので、便利です。料金: 1回券$3.25 二回券$6.00 10回券$26.50 夕方券(17時~6時)$5.00 1日券$10.00...。バスの路線はモントリオール島全体をカバーしているので、市内に住んでない人も使用する事ができます。 地下鉄とバスの乗り換え時にはトランスファーチケットの発行が必要ですので、バスを降りる際には運転手に『Transfer ticket please!』と言ってもらいましょう。
地下鉄 地下鉄からバスへの乗り換えなども、90分以内の乗り換えには追加料金が取られません。料金も統一されているので、便利です。料金: 1回券$3.25 二回券$6.00 10回券$26.50 夕方券(17時~6時)$5.00 1日券$10.00...。地下鉄とバスの乗り換え時にはトランスファーチケットの発行が必要ですので、バスを降りる際には運転手に『Transfer ticket please!』と言ってもらいましょう。地下鉄の場合は駅に『BILLET DE CORRESPONDANCE』と書かれた箱があるので、電車に乗る前に自分がチケットを買った駅でチケットを発券しましょう。
タクシー 料金は初乗りが大体3.50カナダドルで、1キロメートルごとに1.90カナダドル加算されます。日本と同じように、メトロの駅前やホテル前などでタクシーを拾うことができます。または、電話でタクシーを呼んで指定の場所に来てもらうことも可能です。事前にウェブサイトなどでタクシーの予約をしておくとスムーズです。
お金
通貨 カナダドル[CAD]
レート 1カナダドル[CAD] = 約82.431855円
※2019/07/29(月)
物価 水(500ml) 約1カナダドル (日本円 約83円)
チップ チップは心づけではなくマナーなので計算が煩わしくても必ず渡すこと。
■レストラン:会計の15-20%、サービス料が既に含まれている場合チップは不要。
両替 日本国内でのカナダドルへの両替は、あまりレートが良くない。カナダでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に現地の銀行、街中の両替所のレートが比較的良く、ホテルのフロントのレートがあまり良くないと言われている。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :110ボルト
周波数:60ヘルツ
プラグ:Aタイプ
ネット・Wi-Fi モントリオール でWi-Fiを使える場所は比較的多く誰でも利用可能。街中で無料Wi-Fiを提供しているお店も多くインターネット接続に困ることはあまりない。
治安・危険情報 モントリオールの治安はとてもよく、日本と同じように生活ができます。ただモントリオールにも避けた方がいいエリアというのはあります。またモントリオールは英語話者とフランス語話者の暮らすバイリンガル都市のため、言語に関するトラブルにも注意が必要です。観光客を狙ったスリは少なくありません。特に観光客の多いスポットやダウンタウンなどで多いです。
あいさつ、マナー ・挨拶やお礼を積極的に交し合う文化がある。店に入るときやエレベーターではあいさつし、人とぶつかってしまった際は“Excuse me”や“Sorry”を忘れないように。言葉を交わさないと無礼な人と思われてしまう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときなどは積極的に道を譲ろう。歩道では男性が車道側を歩くようにし、女性を守る。
食事 ・食事の際、むやみに麺やスープを音を立ててすすったり食器を持ち上げることは好ましくない。
・公共の場での飲酒は禁止されており、違反者には罰金が科せられる。車の中に開封済みのアルコールがあるだけで罰せられるケースもあるので要注意。
・お酒の購入時には顔写真付きの身分証(ID)の提示が求められる。生年月日が元号表示の日本の免許証では相手が年齢判別できないのでパスポートや国際免許証を提示したほうがいい。
たばこ モントリオールのあるケベック州での喫煙は18歳からレストラン、娯楽施設、職場などの屋内の公共の場は全面的に禁煙である(テラス席除く)。。
トイレ 公衆トイレの数は少ないが、トイレを併設したカフェやファーストフード店が多いので困ることはない。トイレは防犯上店員から鍵を借りないと利用できないところもある。
ランドマーク
ノートルダム聖堂

モントリオール屈指の有名スポット「ノートルダム聖堂」は、北米最大規模の聖堂を持つローマ・カトリック教会。カナダ出身の有名アーティスト、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた事でも有名です。

モントリオール旧市街

中世のヨーロッパの雰囲気を満喫できる旧市街は目的なしに散策するだけでも楽しいスポット。モントリオールを訪れる多くの観光客が、必ず一度は立ち寄る場所といっても過言ではありません。

ジャン・タロン市場

現地の人から旅行者まで、様々な人々が訪れる人気のファーマーズマーケット、いわゆる市場で、スーパーで買うより安く新鮮な物が手に入ります。海外の市場と日本の市場の違いを是非楽しんでみてください。

センター・イートン

モントリオール地下街にあり180近くの店舗が入っていて、モントリオールでは最大のショッピングモールです。メトロ駅直結で、天候を気にせずにショッピングを楽しめる地下街にある抜群の立地と利便性でとても人気です。

国際会議場

カラフルな色使いが目を引く「国際会議場」は、様々な分野の国際的学会やイベントなどが行われるコンベンションセンターです。中には、レストラン、お土産屋さんがあります。イベント関係者以外でも1階のみ入場が可能です。

プティット・イタリー

フランス系移民が多いというイメージのカナダですが、実はイタリアからも多くの移民が海を渡ってカナダで生活を営んでいます。そんなイタリア系移民が多く住んだ地域が「リトルイタリー」と呼ばれるエリア

ジャズフェスティバル

カナダ・ケベック州モントリオールで毎年6月下旬から7月上旬にかけて開催される世界最大のジャズフェスティバルである。期間中650のライブ。30カ国以上3000組のアーティストが出演している。

Osheaga Festival

毎年夏にジャン・ドラポー公園で数日間にわたり開催される、野外ロックフェスです。ロックやポップス、ヒップホップ、R&Bなど多様なジャンルの、インディーズからメジャーのアーティストたちがフェスティバルを盛り上げます

バルーンフェスティバル

世界各国から集まった100以上ものバルーンが空を舞う「インターナショナル・バルーンフェスティバル」は、モントリオールから車で約40分、サン・ジャン・シュル・リシュリューという都市で行われます。

Gardens of Light

毎年秋に、モントリオール植物園で行われるイベント、光の庭園「Gardens of Light」。竜やパンダをはじめ、さまざまなデザインのランタンが中国庭園に飾られ、幻想的な空間を演出します。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 3月の第2日曜から11月の第1日曜まで、日本の方が、13時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、14時間進むようになります。
ケベック州
州都 ケベック市
人口 人口829万4656人(東京23区よりやや少ない)
日本人の多さ 日本人人口は、約3,372人
総面積 総面積1,542,056平方キロ(日本列島の約4倍)
言語 カナダ英語・カナダフランス語
アクセスしやすい都市・国
ニューヨーク
アメリカの都市

アメリカ東海岸に位置しグルメ、ファッション、コスメ、アートなどなど、どこを切り取っても世界の最先端を体感できる都市

ケベックシティー
カナダの都市

世界遺産のケベック旧市街の歴史地区があり、街歩きがとても楽しい街でヨーローッパ調の街並みは、夜にはライトアップされロマンチックな雰囲気を味わえます。

オタワ
カナダの首都

4番目に大きな都市。オタワ川のほとりに広がるカナダ建国の歴史や文化が詰まった街です。世界有数の美しい景観を誇り、とっても魅力のある街です。

トロント
カナダの都市

北岸西部にあるカナダの主要都市で、活気あるエンターテイメント都市でもしられています。中心部で超高層ビルが立ち並びます。

PRILCE LIST
1~3週間 99,800円~
4週間~ 234,000円~
12週間~ 528,500円~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1CAD=83JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※宿泊代は最大8週間含まれています。その後の宿泊については別途ご相談ください。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの