EAC英語教育・留学を全力サポート        
TORONTO
トロント

世界2位のエンタメの都市

オンタリオ州の州都トロント(Toronto)は、オンタリオ湖の北岸西部にあるカナダの主要都市で、
アメリカ、ニューヨークにもとても近い街です。ニューヨークを小さくした感じの街と言われております。
移民が特に多い街で、点在している移民街もたくさんあり、ユニークな街で、芸術性を感じることができます。
活気に満ちた大都市の中心部には超高層ビルが立ち並び、中でもCNタワーは一際存在感を放つ街の象徴的な存在です。
エンタメやショッピング、マーケット、観光、スポーツ、食事と幅広く楽しむことができます。
沢山の異文化に触れることができ、旅行や遊びも楽しめて、語学留学もできる飽きない留学生活を送ることができるでしょう。

TORONTO
トロント

世界2位のエンタメの都市

オンタリオ州の州都トロント(Toronto)は、オンタリオ湖の北岸西部にあるカナダの主要都市で、アメリカ、ニューヨークにもとても近い街です。ニューヨークを小さくした感じの街と言われております。移民が特に多い街で、点在している移民街もたくさんあり、ユニークな街で、芸術性を感じることができます。活気に満ちた大都市の中心部には超高層ビルが立ち並び、中でもCNタワーは一際存在感を放つ街の象徴的な存在です。エンタメやショッピング、マーケット、観光、スポーツ、食事と幅広く楽しむことができます。沢山の異文化に触れることができ、旅行や遊びも楽しめて、語学留学もできる飽きない留学生活を送ることができるでしょう。

オススメポイント
グルメ好きが集う街

トロントでは、毎日何を食べようか迷う程ローカルフードからエスニックまで、様々な美味しいグルメシーンに溢れています。色んな料理を楽しみ、自分のお気に入りを見つけることができるでしょう。

穏やかで優しい人々

トロントに行くと必ず気づくのが、現地の人の優しさと温かさです。フレンドリーで、親切で、人柄の良さが特徴的な住民です。留学生や旅行者でもすぐにアットホームに迎え入れてくれます。

住みやすさ抜群の街並み

トロントはとても住みやすい街です。大都市ですが、治安も良く街中も清潔に保たれています。観光地や遊ぶ所も多いので、休日でも困ることはありません。日本の街並みに近いともいえます。

最高のエンターテイメント

知る人ぞ知る、トロントのエンターテイメント。トロントはとてもエンターテイメントが盛んな街です。音楽・ミュージカル・パレードなど幅広いジャンルで楽しむことができます。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

トロントは年間を通して文化イベントが盛んな大都市です。高温多湿の 6~9 月にかけては毎年恒例の大きなイベントが開催され、たくさんの人がこの都市を訪れます。この時期のイベントとして、プライド トロント(6 月)、カリビアン カーニバル(7 月と 8 月)、カナディアン ナショナル エキジビション(8 月と 9 月)、トロント国際映画祭(9 月)などが挙げられます。春と秋は、穏やかで涼しい気候です。冬は一般的に冷え込みが厳しく、風が強くなり、頻繁に雪が降ります。

年間イベント
1月 ウインタリシャス
Fête des neiges(スノー・フェスティバル)
2月 氷の祭典
3月 Canada Blooms
聖パトリック・デーのパレード
4月 トロントの桜
イースター・パレード
5月 Toronto Comic Arts Festival
Anime North
6月 Bud Light Radler Brunch Fest
The Mac and Cheese Festival
Pride Parade
7月 Toronto Beaches Jazz Festival
Honda Indy Toronto
トロント・カリビアンフェスティバル
8月 CNE
トロント航空ショー
9月 トロント国際映画祭
Nuit Blanche
10月 Ghost Walks of Toronto
Red Bull Music Festival
LIGHT THE NIGHT WALK
11月 サンタ・パレード
Toronto Christmas Market
12月
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 0° / -7° 9 日
2月 0° / -7° 8 日
3月 5° / -2° 7 日
4月 12° / 4° 8 日
5月 19° / 10° 7 日
6月 24° / 15° 8 日
7月 27° / 18° 7 日 v
8月 26° / 18° 6 日
9月 23° / 14° 6 日
10月 15° / 8° 8 日
11月 9° / 2° 8 日
12月 3° / -3° 9 日

12月〜2月

特に12月から2月までは平均気温が氷点下となり、インナーも厚手のジャケットやコート、ユニクロのヒートテック、手袋やマフラー、また口元を覆うフェイスマスクがあると寒さを防げて便利です。屋内は暖房システムがしっかりしているため、とても暖かいです。

3月〜5月

4月はまだ半分冬の状態で、冷え込みが厳しく、雪がちらつくこともあるため、4月はまだ冬用のコートが手放せません。5月に入ると一気に春っぽくなり、最高気温も20℃を超える日がでてき、長袖のシャツにパンツ、またはワンピースに一枚羽織る程度でも過ごせるようになります。また日中と夜間の寒暖の差が激しくなってくるのもこの4から5月であるため、寒くなっても上に重ね着できるものや、すぐ脱げるものを準備して、調節できるようにしましょう。

6月〜8月

湿度が高く日本と似た暑さとなりますが、最高気温は上がっても30℃前半のため、日本ほど猛暑という日はないです。服装は半袖1枚、または夏用ワンピースなど、日本の夏の格好と同じで十分です。日本の夏よりも日差しは強いため、帽子やサングラスがあると便利でしょう。また上述したように集中豪雨が極地的に発生することもあるため、折りたたみ傘を常備しておくと安心です。

9月〜11月

9月も後半になると次第に気温と湿度が下がっていき秋の気配を感じさせるようになってきます。10月に入ると一気に気温が下がるため、服装はパーカーやジャケットを準備しておくようにしましょう。

現地での交通機関
空港情報・空港からのアクセス トロントの主要空港にはトロント・ピアソン国際空港(市内から約27km北西)がある。トロント・ピアソン国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30分、53カナダドル~)、バス・トロント・トランジット・コミッション(キプリング駅まで約25分、3カナダドル)、電車・UPエクスプレス(ユニオン駅まで約25分、12カナダドル)がある。
サブウェイ(地下鉄) 市内中心部から東西南北へ2つの路線が運行。駅の入り口はTTCのマークの標識を目印に。地下鉄と、ストリートカー、バス路線を1枚のチケットで、エリア内の交通機関を同一料金で利用出来る。現金の場合、料金箱にお金を入れて改札を通る。チケットは紙のものと、トークンと呼ばれるコインの2種類。乗車の際は、扉が開いている間隔が短く、発車ベルが鳴らないので注意。
ストリートカー(路面電車) 市街地を中心に運行されており、10を超える路線がある。交差点の近くの道の中央に乗り場がある。乗り方は、バスと同様で現金・トークンの場合、料金箱に入れて乗り換え用のチケットを運転手から受け取る。パスを持っている場合は、運転手に見せる。降りる時は、窓の上にあるヒモを引っ張るか、ボタンを押しブザーを鳴らして運転手に合図。
バス TTCの中で最も多くの路線があり、短い区間を運行しているものや長い区間を運行しているものまで様々。交差点付近に、屋根の付いた待合所がある。待合所には、地図や路線図があるので、行き先を確認するのに便利。メインストリートでは、ナイトバスが24時間運行。乗り方は、ストリートカーと同様。
お金
通貨 カナダドル[CAD]
レート 1カナダドル[CAD] = 約82.431855円
※2019/07/29(月)
物価 水(500ml) 約1カナダドル (日本円 約83円)
チップ チップは心づけではなくマナーなので計算が煩わしくても必ず渡すこと。
■レストラン:会計の15-20%、サービス料が既に含まれている場合チップは不要。
両替 日本国内でのカナダドルへの両替は、あまりレートが良くない。カナダでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に現地の銀行、街中の両替所のレートが比較的良く、ホテルのフロントのレートがあまり良くないと言われている。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :110ボルト
周波数:60ヘルツ
プラグ:Aタイプ
ネット・Wi-Fi トロントでWi-Fiを使える場所は比較的多く誰でも利用可能。街中で無料Wi-Fiを提供しているお店も多くインターネット接続に困ることはあまりない。鉄道の駅でも無線LANが飛んでいる。空港やチェーン店などはパスワード無しでWi-Fiを利用することができるが、小さなカフェなどはパスワードが必要。図書館や市役所、区役所など公共建物内で無料インターネットが利用できるところがあり、自前のパソコンやスマートフォンを持ち込んで利用する事もできる。利用者が多く混雑する時は通信速度が遅くなるので注意。
治安・危険情報 治安は良く、外国人が事件に巻き込まれることは少ない。それでも犯罪発生率は日本よりは高いので注意しよう。観光客を狙った空港、飲食店、繁華街におけるスリやひったくりが多発している。自分の荷物やパスポートからは決して目を離さないよう心掛けたい。 スレーターストリート、ダウンタウン周辺では深夜に強盗事件がたびたび発生する。夜間1人で外出する際は人通りの多い地域を通ることが望ましい。バイワードマーケットの東側はホームレスが徘徊しており治安も悪い。特に用がなければ立ち入らない方が賢明である。
あいさつ、マナー ・挨拶やお礼を積極的に交し合う文化がある。店に入るときやエレベーターではあいさつし、人とぶつかってしまった際は“Excuse me”や“Sorry”を忘れないように。言葉を交わさないと無礼な人と思われてしまう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときなどは積極的に道を譲ろう。歩道では男性が車道側を歩くようにし、女性を守る。
食事 ・食事の際、むやみに麺やスープを音を立ててすすったり食器を持ち上げることは好ましくない。
・公共の場での飲酒は禁止されており、違反者には罰金が科せられる。車の中に開封済みのアルコールがあるだけで罰せられるケースもあるので要注意。
・お酒の購入時には顔写真付きの身分証(ID)の提示が求められる。生年月日が元号表示の日本の免許証では相手が年齢判別できないのでパスポートや国際免許証を提示したほうがいい。
たばこ トロントのあるオンタリオ州での喫煙は21歳から。レストラン、娯楽施設、職場などの屋内の公共の場は全面的に禁煙である(テラス席除く)。違反すると300ドルの罰金が科せられるので要注意。
トイレ 公衆トイレの数は少ないが、トイレを併設したカフェやファーストフード店が多いので困ることはない。トイレは防犯上店員から鍵を借りないと利用できないところもある。
ランドマーク
CNタワー

トロントのシンボルといえばCNタワーです。単独では西半球で最も高いタワーで、手すりを使わずにロープで身体を支えて高層部外周を歩けるエッジ・ウォークがスリル満点です。

リップリーズ水族館

カナダの最大の屋内水族館でもあり、珍しい生き物やクラゲ、ジャイアントロブスター、サメ、エイ、色彩豊かな魚のほかにも約1万6千匹もの生き物が来場者を出迎えてくれます。

ロイヤル・オンタリオ博物館

ロイヤル・オンタリオ博物館は世界中の文化や歴史を集めたカナダ最大の博物館です。考古学やアート、科学などさまざまな分野の展示物が600万点も保管されてる魅力ある博物館です。

ナイアガラの滝

トロントに来たら絶対に行きたい所ナイアガラの滝は、世界三大瀑布に数えられ年間1450万人もの観光客が訪れるカナダを代表する観光地でこの壮大な風景に驚きます。船で近くまで行く事もできます。

カサ・ローマ

カナダ出身の資産家、ヘンリー・ペラット氏が1914年に自宅用に建てたお城で、豪華な部屋や秘密の通路、らせん階段、厩舎、庭園が楽しめます。敷地内で脱出ゲームも開催されます。

トロント動物園

トロント動物園は動物たちの出身地によって七つのエリア(インドーマラヤ、アフリカ、アメリカ大陸、オーストラリア、ユーラシア、カナダ、ツンドラエリア)に分かれて観察する事ができます。

カナダズ・ワンダーランド

カナダ・ワンダーランドでは70ものアトラクションと20エーカーもの敷地を誇るスプラッシュ・ワークスウォーターパークが楽しめます。中でもリバイアサンはカナダの木製コースターでは最長です。

トロント島

トロント市全体を見わたせる小島で、ビーチやピクニック、スポーツ施設のほかにもカヌーやカヤックもレンタルできます。センタービルテーマパークでアトラクションも楽しむ事ができます。

ロジャーズ・センター

CNタワーのすぐ横にあるのが、ロジャーズ・センターです。MLBのトロント・ブルージェイズとカナディアンフットボールのトロント・アルゴノーツのホームスタジアムとして使用されています。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 3月の第2日曜から11月の第1日曜まで、日本の方が、13時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、14時間進むようになります。
ケベック州
州都 ケベック市
人口 人口829万4656人(東京23区よりやや少ない)
日本人の多さ 日本人人口は、約3,372人
総面積 総面積1,542,056平方キロ(日本列島の約4倍)
言語 カナダ英語・カナダフランス語
>アクセスしやすい都市・国
ニューヨーク
アメリカの都市

アメリカ東海岸に位置しグルメ、ファッション、コスメ、アートなどなど、どこを切り取っても世界の最先端を体感できる都市

ピッツバーグ
アメリカの都市

アメリカの歴史において最も古い州の一つで、又、アメリカの最も住みやすい街ランキングで常に上位に選ばれる都市

クリーブランド
アメリカの都市

オハイオ州北東部に位置する都市で、シダーポイント(有名テーマパーク)があり、ここは、ローラーコースターの設置数が世界2位

フィラデルフィア
アメリカの都市

フィラデルフィアはペンシルベニア州最大の都市で、自由の鐘や、独立宣言と憲法の宣言が署名された独立記念館などが有名

ボストン
アメリカの都市

ボストンはマサチューセッツ州の州都で、同州で最大の都市で名門ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などを有する学生の街

>PRILCE LIST
1~3週間 99,800円~
4週間~ 234,000円~
12週間~ 528,500円~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1CAD=83JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※宿泊代は最大8週間含まれています。その後の宿泊については別途ご相談ください。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの