EAC英語教育・留学を全力サポート        
MANCHESTER
マンチェスター
MANCHESTER
マンチェスター

音楽と文化の街

マンチェスターは、豊かな産業遺産を誇るイングランド北西部の主要都市で、音楽や文化、
アートの街として近年注目されているマンチェスターは、雨がとても多い事から室内で活動する事が多く
ギター文化が生まれたことで、たくさんの音楽家達を輩出しています。
ヨーロッパの中でも多国籍な人種が集まっており、レストランをはじめさまざまなかたちで異文化に触れることができます。
生活しやすいマンチェスターは、ロンドンほどに物価も高くなく、ロンドンまでは、
電車なら2時間、飛行機であれば30分の距離で行くことができます。
留学先は、マンチェスターで、ロンドンには、気軽に観光で行ける人気の街です。

マンチェスターは、豊かな産業遺産を誇るイングランド北西部の主要都市で、音楽や文化、アートの街として近年注目されているマンチェスターは、雨がとても多い事から室内で活動する事が多く、ギター文化が生まれたことで、たくさんの音楽家達を輩出しています。ヨーロッパの中でも多国籍な人種が集まっており、レストランをはじめさまざまなかたちで異文化に触れることができます。生活しやすいマンチェスターは、ロンドンほどに物価も高くなく、ロンドンまでは、電車なら2時間、飛行機であれば30分の距離で行くことができます。留学先は、マンチェスターで、ロンドンには、気軽に観光で行ける人気の街です。

オススメポイント
サッカーがすごい!

街中が常にサッカーの話題で盛り上がる都市マンチェスターには、「マンチェスターユナイテッド」と「マンチェスターシティー」の2つのビッグクラブがあります。ビックイベントには、町中がお祭り騒ぎになります。実際に、試合を見ると大興奮すること間違いなし!

比較的に安い生活費

イギリスの北西部に位置する大都市で、北に行くほど家賃、生活費が安くなります。どこにでもあるショッピングセンターなどはもちろんのこと、イギリス南西部の街々よりも活気のある、贅沢な生活を楽しむことが出来る都市です。生活費を少しでも安くしたい方には、おすすめです。

近郊の美しい自然

マンチェスターは大都市であるにもかかわらず、街を少し離れたら広大な美しい自然を楽しめるスポットに恵まれています。ピーターラビット発祥の地や、美しい大自然、広大な丘、湖、教会などを楽しむためにイギリス中から観光者が訪れるスポットです。

留学先にぴったり

マンチェスターは、アジア圏からの留学生は少なく、ヨーロッパ圏からの留学生が目立ちます。アジア人が少ない、本場のイギリスで勉強ができ、学生の街なので、同年代・同士の友達が見つけやすく、同じ目標をもった学生達と友達できるというメリットがあります。

基本情報
シーズン情報 日中の服装 交通情報お金・生活
ベストシーズン

多くの人で賑わうのは、温暖な時期(5~8 月)と、オールド トラフォード スタジアムで大事なサッカー試合が行われるときです。夏には、マンチェスター ジャズ フェスティバル(7 月)や、活気溢れるマンチェスター プライド(8 月)などのイベントが開催されます。年間を通して比較的温和な気候ですが、雨がよく降ります。人気のクリスマス ストリート マーケットの営業期間は 11 月中旬~12 月です。

年間イベント
1月 Push Festival
2月 Chinese New Year
Illuminate Festival
3月
4月
5月
6月 Parklife Festival
7月
8月 FriendsFest
Manchester Pride Festival
Bolton Food and Drink Festival
Manchester Caribbean Carnival
9月 Manchester Food and Drink Festival
10月 Halloween in the City
Neighbourhood Festival
Oktoberfest
11月 FOUNDATIONS Festival
chrismas street market
12月 chrismas street market
天気
高/低(℃) 降雨日数
1月 7° / 3° 13 日
2月 7° / 3° 9 日
3月 10° / 4° 12 日
4月 12° / 6° 10 日
5月 15° / 9° 10 日
6月 18° / 12° 10 日
7月 20° / 14° 9 日
8月 20° / 13° 11 日
9月 17° / 11° 11 日
10月 13° / 9° 14 日
11月 9° / 6° 13 日
12月 8° / 4° 14 日

12月〜2月

日中も長かった日は15時ころに暗くなりはじめ、より一層空気の冷たさを感じるようになります。冷えないように、温かいインナーも着て防寒しておくと安心です。手袋やニット帽を身に着けたり、ホッカイロを持参しておいたりすると温かくすごすことができます。雪は滅多に降ることもなく、秋と比べて降水量も減っていきます。冬の雨の日は冷えるので、雨をしのぐ防水性の高いアウターや防風機能のある温かいジャケットをきて出かけるのがおすすめです。足元も雨にぬれても染みてこないような、レインブーツや防水素材のブーツやシューズも履いておきましょう。

3月〜5月

3月の春のはじめは、日本と比べて低い気温が続きます。冷えると最低気温が3℃前後になる日もあります。インナーに暖かさを保つようなシャツを着たり、冬用のセーターやマフラーなどで着込み、寒さ対策をしておきましょう。日によっては、厚手のダウンやコートが必要になるくらい寒くなります。

6月〜8月

20℃前後の過ごしやすい気温が続き、涼しい日には12℃前後まで気温が下がります。朝晩や日陰は肌寒く感じることもあるので、夏でもシャツやカーディガン、薄手のパーカーなどで温度調整できるようにしておくと安心です。雨が降ることも多くなってくるので、折りたたみ傘を持ち歩くことをおすすめします。

9月〜11月

日本の秋よりも寒い日が多いでしょう。秋が深まるほど、9月、10月、11月と日が落ちるのも早くなり、寒さも増してきます。朝晩が冷え込むような日には、厚手のダウンやセーター、手袋など、冬の装いが必要になってきます。外出時は、寒さ対策をしっかり整えてお出かけしたほうが良いです。秋は、1年で最も雨が多く降る時期なので、雨対策をしてください。

現地での交通機関
マンチェスター空港から市内 マンチェスターの主要空港にはマンチェスター空港(市内から約15km)がある。 マンチェスター空港から市内への交通手段としては、電車(約30分、3〜8ポンド、乗車券は、自動販売機で購入可能)、バス『ナショナル・エクスプレス』(市内のマンチェスター・コーチまで約30分、約4ポンド)がある。
ロンドン・ヒースロー空港からマンチェスター市内(電車、タクシー、バスの場合) マンチェスター空港から市内への交通手段としては、電車『ヒースローエクスプレス』(ヒースローセントラル駅(ターミナル2・3)からパティントン駅まで15分ほど、21ポンド)、バス『ナショナル・エクスプレス』(空港からヴィクトリアコーチステーションまで約60分、約6ポンド)、タクシー(空港から市内まで60〜90分、約90ポンド、空港利用料やチップが10%ほど加算されます。)がある。
無料シャトルバス/th> マンチェスター市内には、公共交通機関の無料シャトルバスがあり、観光の際、とても便利な移動手段です。マンチェスター市内に位置する電車の駅(ピカデリー駅・ビクトリア駅・オックスフォードロード駅・ディーンズゲート駅・ソルフォードセントラル駅)、ショッピングエリア、駐車場など、市内の様々な場所でアクセスが可能ですので、目的に合わせて乗車・降車ができ、とても便利です。
バス バスの運賃は、目的地によって値段が変わります。チケットなどは買わず、バスに乗り込む際に運転手に目的地を言って支払うシステムです。
トラム トラムの切符(チケット)を購入するには、各駅にある自動切符販売機にて各自で購入する必要があります。一部、トラベルパスなどをトラベルセンターなどでの購入も可能ですが、基本的には各自での購入となります。
お金
通貨 ポンド[GBP]
レート 1ポンド[GBP] = 約132.176209円
物価 水(500ml) 約1ポンド (日本円 約133円)
チップ 多少あり
チップの習慣はあるが、義務ではない。特別なサービスを受けた際やサービスに満足した場合は渡す。
レストラン:会計の10-15%程度、サービス料が含まれている場合はチップは不要。
ホテル:ルームサービスに対し1ポンド程度
タクシー:料金の10-15%
両替 日本からポンドを持参すると両替の必要がなく、手数料も安い。イギリスでの日本円からの両替は、郵便局、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に銀行と郵便局のレートが良いと言われているが、両替する銀行の口座を持っていない人は両替できない場合があるので注意。
クレジットカード カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。
生活
電圧・周波数・プラグ 電圧 :230ボルト、240ボルト
周波数:50ヘルツ
プラグ:BFタイプ
ネット・Wi-Fi マンチェスター空港では1時間しかフリーWi-Fi、有料で2時間や1日使い放題というプランがあります。市内では、時間無制限で使えるフリーWi-Fi「Sky Wi-Fi」が普及しており、最初にメールアドレスの登録が必要ですが、とても便利です。又、カフェや図書館などでも無料WiFiがあります。
治安・危険情報 イギリスの中では治安が悪いといわれていますが、中心部エリア内は明るい時間帯であれば一人歩きも安全ですし、親切な人も多いので暗くなってから人けのない裏路地など危険な場所に近づかなければ安全に滞在できます。マンチェスターの南部に位置するモスサイド、北部に位置するソルフォードについては安全とは言い切れない地域があり、夜間は避けたほうがいいでしょう。中心部に位置するエリアは、スリやドラッグの売人、酔っ払いなども多くいるので広場内を夜間に一人で歩くのはやめた方がいいでしょう。
マナー・習慣 ・挨拶やお礼を積極的に交す。店に出入りするときは何も買わなくても店員にあいさつする。ぶつかってしまった時もしっかり謝る。あいさつをしないと無礼な人と思われてしまう。
・食事のときは音をたてない。麺類やスープであろうとすすってしまうとマナー違反である。
・たまった鼻水をむやみにすすらない。かむことは皆気にしないので、ティッシュやハンカチを用いて一気にかんでしまおう。
・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときは男性が扉を押さえ女性を先に通し、歩道では男性が車道側を歩き女性を車から守る。
・扉は次の人が通るまで開けたまま待つ。
・イギリスの人は行列を守る。横入りは確実に顰蹙を買うのでやめた方がいい。カウンターや窓口が複数ある場合もそれぞれの後ろで待機せずに1列に並び、空いたところへ順に進んでいく。
たばこ 屋内の公共施設は全面禁煙になっている。レストランは屋外の席ならば喫煙可。屋外でも駅構内に限り禁煙なので要注意。
トイレ 公衆トイレは有料のところが多い。使用料は30-50ペンス。ショッピングセンターやレストラン、ホテルの無料トイレでこまめに済ませておくといい。
ランドマーク
オールド・トラッフォード

サッカークラブ・マンチェスターユナイテッドの本拠地で、収容人数は75000人を越え、マンチェスターユナイテッドとマンチェスターシティによるダービー戦は、試合前から大勢のファンで溢れ、お祭りのような雰囲気が会場を包み込んでいます。他にもスタジアムツアーがあります。

マンチェスター市立美術館

マンチェスターが持っている貴重な美術品のほとんどを保管している、マンチェスターアートギャラリー。年間の利用者数が40万人を越える人気の美術館です。館内はシックな雰囲気で歴史の深いものから現代的なものまでありバラエティに富んでいます。

国立サッカー博物館

国立フットボールスタジアムはFIFAのコレクションをはじめとし、14万を越えるサッカーコレクションを展示している、とても大きな博物館です。サッカーがイギリスで生まれた理由や、イギリスで最も大きなスポーツになった理由など細かく知ることができます。

ジョン・ライランズ図書館

目抜き通りにあるジョンライランズ図書館では、まるでハリーポッターのような世界を体感できます。書籍の数はイギリスでもトップクラスで、昼夜を問わずマンチェスター大学の学生を始め、多くの人々が勉強や読書に没頭しています。放課後や休日の勉強におすすめです。

マンチェスター大聖堂

ビクトリア朝時代に流行したゴシックスタイルの大聖堂で、第二次世界大戦の際にはドイツからの攻撃で甚大な被害を受けたましたが、20年という月日をかけて現在の姿まで修復されました。伝統的ながらスタイリッシュな内装も見どころの観光スポットです。

概要
現在の時刻 【時刻表示部分】
サマータイム 毎年3月の最後の(日)の午前1時から10月の最後の(日)の午前2時まで日本の方が、8時間進んでいます。
標準時間 日本の方が、9時間進むようになります。
イギリス
首都 ロンドン
マンチェスターの人口 51.07万
総面積 115.6 km²
公用語 イギリス英語
アクセスしやすい都市・国
シェフィールド
イングランドの首都

シェフィールド大学は5人のノーベル賞受賞者を輩出している名門大学があり、工業都市でありながら自然も楽しめる魅力の街です。

リーズ
イングランドの首都

イングランド北部の商業都市で、金融経済の発展によりショッピング街や家族連れに人気の公園が充実、ヨーロッパで注目度の高い観光都市とされています。

ヨーク
イングランドの首都

中世の雰囲気を感じられる美しい街で、国内最大級の教会やバイキングのことを学べる博物館などヨークならではのスポットがあります。

リバプール
イングランドの首都

海運業で栄えた港町で、スポーツや芸術文化の中心地でもあり、ビートルズの出身地やフットボールチームのリヴァプールFCが有名な街です。

PRILCE LIST
1~3週間 ¥74,000~
4週間~ ¥235,000~
12週間~ ¥542,000~
  • ※上記金額は概算金額となっております。お客様の留学プランに合わせて、誤差が生じる可能性がありますことご了承ください。
  • ※為替レートは2019年7月時点の1GBY=134JPYを適用しておりますが、為替市場環境等により大きな変動がある場合は、その変動分を反映してお見積りさせて頂きます。
  • ※上記以外の留学期間でもご相談頂ければ対応いたします。
  • ※ご希望の語学学校又は国名がある場合はご相談頂ければできる限り対応いたします。
料金に含まれるもの
料金に含まれないもの