EAC英語教育・留学を全力サポート        

バンクーバー

こういう方にオススメ

初めての留学なので、日本からのアクセスが良く、街や学校に日本人がいる方がいい

複数の語学学校がある都市がいい

都会感もあり、自然も味わいたい

勉強は環境がいいカナダでして、アメリカにも旅行に行かせたい

基本情報

バンクーバーはカナダ西海岸のブリティッシュ・コロンビアの南部にある都市で、トロントやモントリオールに続く大都市です。年間を通して温暖で過ごしやすい気候の街であること、そして、街の中心部には高層ビルが立ち並び、大都会らしさもありますが、中心地から10分も歩けば、緑豊かな大きな公園があります。都会の便利さと海と山に囲まれた自然の両方を併せ持っていることが、バンク―バーの最大の魅了でもあり、「世界で最も暮らしやすい場所」と呼ばれる理由でもあります。かつて、バンクーバーにはインディアンが暮らしていたこともあり、当時のインディアンの暮らしを垣間見ることができます。また、いろんな民族の方が暮らしていて、言語も多様です。

6月は晴れの日が最も多い時期と言われているので、観光に適しています。
夏でも日本ほど暑くはならず、湿度も少ないため、過ごしやすいです。
しかし、夏でも日中と朝晩の気温差が激しいので、上着を持って行きましょう。
また、バンクーバーの夏は日差しが強いので帽子や日焼け止め、サングラスなどは必須です。
時差 通常:-17時間/サマータイム時:-16時間
サマータイム実地期間:3月の第2日曜日~11月の第1日曜日
経路 成田or羽田空港から約10時間
夏の平均気温 6月から8月:22℃
日中の服装 日本の初秋の頃の服装になりますが、日中は気温が高くなる日や
朝晩はそれなりに肌寒く感じるので、
重ね着できる体温調整ができるものを用意しましょう。
6月は晴れの日が最も多い時期と言われているので、観光に適しています。夏でも日本ほど暑くはならず、湿度も少ないため、過ごしやすいです。しかし、夏でも日中と朝晩の気温差が激しいので、上着を持って行きましょう。また、バンクーバーの夏は日差しが強いので帽子や日焼け止め、サングラスなどは必須です。
時差 通常:-17時間/サマータイム時:-16時間
サマータイム実地期間:3月の第2日曜日~11月の第1日曜日
経路 成田or羽田空港から約10時間
夏の平均気温 6月から8月:22℃
日中の服装 日本の初秋の頃の服装になりますが、日中は気温が高くなる日や
朝晩はそれなりに肌寒く感じるので、
重ね着できる体温調整ができるものを用意しましょう。

バンクーバー の学校一覧

フォトギャラリー

カナダについて詳しく知りたい場合はこちら

無用カウンセリングを予約する

動画紹介